【Minecraft】便利!斜め建築で役立つツールを作りました。

突然ですが、マインクラフトで斜め建築をする時「何ブロックずつずらして置けば理想の角度で置けるのか」悩んだことはありませんか?

そんなアナタに朗報です。私が作ったDegretを使えば、斜め建築をより正確に、簡単・効率的に行うことができます。そう、Degretならね。

Degretとは

Degret | 公式サイト
https://www.degret.net/

Degretは、簡単に説明すると斜め建築を補助するツールです。

入力した角度に見合ったブロックの置き方を表示してくれます。

プログラミングの学習も兼ねて、少しでも斜め建築をするマインクラフターの方の負担を減らしたいという一心で作りました(^^)

Degretの名前の由来は、角度の単位である「degree」から取りました。(分かりやすい!)

使い方

Degretにはこちらからアクセスできます。

直線を出力してみよう

直線は、で囲ってある入力欄に数値を入力して、下にある「更新」ボタンを押すだけで出力できます。

試しに角度:30距離:45で出力して見ましょう。

すると角度が30°・距離が45の直線が出力されます。
(めちゃ便利!)

一応、直感的に操作できるようなデザインにしたつもりなので扱いやすいと思います。

オプションを触ってみよう

オプションを操作して見ましょう。
で囲ってある部分がオプションです。)

 

・「上書きしない」オプション

このオプションにチェックを入れると、その名の通り上書きしないで直線を描画することができます。

図で説明しますと…

こんな感じで描画することができます。

後に紹介する「始点を最後に入力した座標にするオプションと組み合わせることで、存分に効果を発揮します。

 

・「始点をグリッドの中心にする」オプション

こちらも名前の通り、チェックを入れることでグリッドの中心を始点にして直線を描画することができます。

図で説明すると…

こんな感じで描画することができます。

ちなみにチェックを入れないで角度を90°以上に設定すると…

このようにはみ出してしまうので、角度を90°以上に設定する場合は「始点をグリッドの中心にする」オプションにチェックを入れるようにしましょう。

 

・「始点を最後に描画した座標にする」オプション

このオプションにチェックを入れることで、長方形や多角形などを描画することができます。

「始点をグリッドの中心にする」オプションとは併用できないようにしています。

こちらも図で説明しますと…

このような長方形や

このような5角形などを描画することができます。

 

チュートリアル動画

操作が複雑なので、長方形を作るチュートリアル動画を作成してみました。

ポイントは、辺を増やすにつれて角度を90度ずつ増やしていく点です。
多角形の場合は、(180 – 内角)度分増やしていってください!

おまけ

おまけとして、要望があったので作った「円ツール」・「楕円ツール」・「画像出力ツール」をササッと紹介します。

円ツール

円ツールは、で囲ってある部分をクリックすることで切り替えできます。

使い方は簡単。円の半径と書いてあるレンジを動かして、数値を入力するだけで円が描画されます。

楕円ツール

楕円ツールは、で囲ってある部分をクリックすることで切り替えできます。

こちらも同様、楕円の横幅の半径・縦幅の半径をレンジで入力するだけで楕円が描画されます。

画像出力ツール

画像出力ツールは、で囲ってある部分をクリックすることで切り替えできます。

直線や円を描画できたら、「画像をダウンロード」ボタンをクリックしましょう。

するとグリッド上の模様が画像として出力されます!

半径の大きな円を描画した時などの、「グリッドの拡大」が必要な時に使用用途が出てくるでしょう。

最後に

以上、斜め建築補助ツール「Degret」の紹介でした(^^)

皆さんも斜め建築をする機会があれば、ぜひ使ってみてください!

長くなってしまいましたが、最後まで見ていただきありがとうございました。